北京オリンピック競技「クレー射撃」

北京オリンピック競技「クレー射撃」

オリンピックの競技「クレー射撃」の種目にはトラップ、スキート、ダブルトラップの3つがあります。

まず「トラップ射撃」ですが、1750年頃のイギリスが発祥だそうです。「トラップ」とは罠のことですが、トラップ射撃では生きている鳥を罠のような箱に入れて、号令と共に開け、鳥を飛び立たせ射撃したそうです。
880年代になると、英国のマッカスキーという人が石灰にピッチを混入し、焼き固めるといった現在のクレー標的を考案したそうです。

次に「スキート」は狩猟用の猟銃を使って猟の練習のためにアメリカで考案された射撃です。
半円の直径部分の直線上に標的放出機を2機設置し、1個または2個のクレー標的を射撃するといったスタイルが1920年頃に確立しました。

そして「ダブル・トラップ射撃」は、とても歴史の新しい種目で、1996年のアトランタ大会で初登場し、北京オリンピックで4回目になります。
この種目はトラップ競技の射面を兼用して使用することが多く、3番射台前方の3基の放出機から2個標的を同時に放出して、これを射撃するといった種目です。
男子は1番射台から5番射台まで順に2個ずつを5回繰返し、50個で1ラウンドです。
女子は4回繰返し、1ラウンドは40個となっています。
posted by 北京オリンピックファン at 00:00 | この競技が見どころ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。